ギャングロード・ジョーカーの攻略サイトギャングロード本家と比べると、ギャングロード・ジョーカーのカード育成方法は明快かつ簡単です。レベ魔、フルステ、超合金、お化けなど、カード育成の用語が多数ありますが、全て忘れて頂いてOKです。

本家のやり方で強化・限界突破(進化)させると損をすることがあるので、無駄のない方法を書いてみたので宜しければどうぞ!


ギャングロード・ジョーカーのカード育成法

シンプルに流れを書くと下記の3つの流れになります。

  1. コストのが高いor良いアビリティのあるカードをベースとする。
  2. Lv1の同名カードを限界突破で使用する×4回
  3. 強化する。

以上です。

シンプルになりすぎですね^^;

なので、少し解説を加えていこうと思います♪

1:良いスキルが有るorコストの高いカードをベースとする。

ギャングロード・ジョーカーで強いカードは「コストが高い」カードです。
→詳細はギャングロード・ジョーカーにおける強カードの見分け方

GRのカードスキル=アビリティです。

前衛、後衛、補助と3種類になりバリエーションが増えています。
抗争の時に自分が前衛で戦うのか、後衛で補助に回るのかによってデッキの構成は変わってきますので、良いアビリティとは一概に言いづらいものがあります。

2:Lv1の同名カードを限界突破で使用する×4回

 レベルマックス同士を掛け合わせても、ステータスは変わりません。

ここ、重要ですよ!
ステータスの引き継ぎありません。
どんな強化、限界突破(進化)をさせても最終ステータスは変わりません。

逆に、育てた分の経験値は何割かベースカードに入りますが、何割かは消えてしまうので、Lv1のままで合わせたほうが無駄がありません。

いわゆるポンコツ方式が一番効率的な育成方法と言えます。

 6枚進化(合金)、8枚進化(超合金)、できません!!!

できるかな?と思ってやったら失敗しました。
ベースを含めて5枚までです。(ベース1枚+素材4枚)

ポンコツ以外でやるとカードの無駄遣いになります。

3:強化する

3番目の手順として書きましたが、ベースカードに関してはどの段階で強化しても問題ありません。

強化で悩むのは、カードレベルよりもアビリティのレベルだと思います。

同名アビで上げていくと上昇率は高いです。
ただしSSRはカードごとに固有のアビリティがかならずあるため、同名アビリティで上げるのは至難の業です。

なので、普通のアビリティもちのカードを合成していけば良いです。

更に個人的な見解ですが、素材も限界突破させるよりもLv1の状態のほうが、レベルが上がりやすい気がします。
→詳細はギャングロード・ジョーカーでの効率的な強化方法はこれだ!

以上簡単ではありますが、ギャングロード本家とギャングロード・ジョーカーのカード育成方法の違いについてを終わらせていただきたいと思います。

それでは皆様よい不良道を^^